WTVニュースNews

性的マイノリティ 啓発催し

2022-01-15(土) 20:23

性的少数者が抱える苦悩や自治体が当事者間の関係性を認める「パートナーシップ宣誓制度」について広く知ってもらおうという催しが今日、田辺市で開かれました。県立情報交流センターBig・Uで開かれたこの催しは、NPO法人チーム紀伊水道が企画しました。マイノリティと呼ばれる性的少数者が抱える苦悩などを知ってもらおうというもので、啓発イベントなどを開いているNPO法人「カラフルブランケッツ」のメンバーによる講演などが行われました。県内では、婚姻制度を利用できないカップルに自治体がその関係性を認めるパートナーシップ宣誓制度を導入している自治体はなく、催しを企画したチーム紀伊水道は、「性的少数者の現状と同時に、制度についても広く知ってもらいたい。制度導入を願う声を可視化させるためにも活動を続けたい」としています。

公式SNSアカウント