WTVニュースNews

「鈴木屋敷」上棟式

2022-05-14(土) 18:30

全国の鈴木姓のルーツとされ、現在、海南市で復元整備が進められている「鈴木屋敷」の上棟式が今日、行われました。
鈴木屋敷は、海南市の藤白神社の境内にある木造の建物で、今日の上棟式には、関係者約90人が出席し、藤白神社の吉田昌生宮司による祝詞の奏上や屋根の一番高い位置に取り付ける部材「棟木」を収める儀式が執り行われました。鈴木屋敷は、江戸時代後期に建てられたとされていて、当時の景観を復元させようと、去年8月に起工式が行われました。復元整備は、現存する座敷棟、北北棟、土塀などは保存修理し、失われた玄関棟・北棟を復元するもので、池泉庭園とともに「紀伊国名所図会」に描かれた歴史的景観を再現し、来年3月中の完成を目指しています。神事のあと吉田宮司は、「熊野古道を訪れる人たちの役に立つ施設になるよう竣工を目指して頑張りたい」と挨拶しました。また、鈴木屋敷復元の会の神出勝治会長は、「鈴木さんの歴史などを学び、客間から庭園を眺め、心を癒し、蘇って帰っていただきたい」と話していました。

公式SNSアカウント