WTVニュースNews

水難事故 サーフィンの男性死亡

2022-05-14(土) 21:01

今日正午前、和歌山市の海水浴場で、サーフィンに来ていた男性が沖に流されているのが見つかり、病院に運ばれましたがまもなく死亡が確認されました。
事故があったのは、和歌山市の磯の浦海水浴場で、和歌山北警察署の調べによりますと、今日午前11時50分頃、サーフィンに来ていた大阪府の男性が水面でうつ伏せの状態で浮かんでいるのを友人が発見し、男性を救助するとともに消防に通報しました。男性は意識不明の状態で和歌山市内の病院に運ばれましたが、発見から約1時間20分後に死亡が確認されました。男性は70歳くらいで友人と3人で訪れていて、午前11時頃からサーフィンをしていたということです。目立った外傷はなく、警察では男性が何らかの理由で溺れたとみて、事故の原因を調べるとともに男性の身元の確認を進めています。

公式SNSアカウント