WTVニュースNews

「古城梅」発展願い奉納

2024-05-16(木) 10:41

「青いダイヤ」とも呼ばれる「古城梅」のさらなる発展を願って、生産者らが今日、田辺市の熊野本宮大社に昨日収穫した古城梅を奉納しました。古城梅の発祥の地とされる田辺市長野地区の生産者らでつくる「長野古城梅振興会」のメンバーらが今日熊野本宮大社を訪れ、昨日、収穫した古城梅およそ3キロを奉納しました。振興会では、今日5月16日が語呂合わせで「ごじろ」と読めることから、毎年、この日に奉納していて今年で10回目、神職による祝詞の奏上に続き、玉串を捧げるなどして古城梅のさらなる発展を祈願しました。JA紀南では一昨日から古城梅の出荷が始まりましたが、今年は開花が早かった影響で実の数が少なく、生産予想量は平年のおよそ半数の243トンと不作となる見込みです。長野古城梅振興会の那須豊平会長は、「今年はまれに見る不作の年ですが、今後の梅産業の発展を祈願しました。古城梅はスッキリとした味わいが特徴なので、ジュースなどにして楽しいでほしい」と話していました。

ニュース一覧
公式SNSアカウント