WTVニュースNews

衆院選 二階伸康氏が出馬表明

2024-05-17(金) 17:32

次期衆議院議員選挙の新たな和歌山2区に、自民党の二階俊博元幹事長の前公設秘書で三男の伸康氏が立候補することを今日表明しました。
二階伸康氏は今日、田辺市内で会見して和歌山新2区への立候補を表明しました。
二階氏は「派閥の政治資金の事案が発生した時、公設秘書の立場で、同様に責任は連帯して負うべきと考えてきた。地方は人口減少に苦しみ、先行きへの大きな不安が横たわっている。地方の消滅は国の消滅につながりかねない。自ら何ができるか問い直し、選挙で有権者の審判を仰ぎたいと決意を固めた」と述べました。
二階伸康氏は46歳。自民党の二階俊博元幹事長の三男で、青山学院大学法学部を卒業後、俊博氏の公設第二秘書を経てANA、全日本空輸で勤務したあと、平成26年から俊博氏の公設第一秘書を務めました。伸康氏については、県町村会をはじめ、市や町単位の商工、漁業、建設など、これまでに40を超える団体が出馬を要請していました。次期衆院選の和歌山新2区を巡っては、二階元幹事長が立候補しないことを明らかにしていて、伸康氏は会見で、自民党県連に対し、和歌山新2区の支部長予定者として諮るよう求めたことを明らかにしています。
和歌山新2区には伸康氏のほか、共産党の元県議会議員、楠本文郎氏が立候補を表明しています。

ニュース一覧
公式SNSアカウント