WTVニュースNews

和大が全日本大学野球選手権大会へ

2024-05-20(月) 12:00

来月9日開幕の大学野球日本一を決める全日本大学野球選手権大会に、近畿学生野球連盟所属の和歌山大学が出場を決めました。
和歌山大学硬式野球部は、今季の近畿学生野球連盟1部春季リーグで、今月4日、2年ぶり4回目の優勝を果たし、一番乗りでの全国大会出場を決めました。今季のチームの強みは、「安定した投手力」です。全12試合のうち10試合を2失点以内に抑え、チーム防御率は驚異の「0.93」。その投手力を支えたのは、4年生左腕二人の存在でした。投手の軸は履正社高校OBの島龍成投手。ストレートの軌道で鋭く変化するスライダーが持ち味です。また、市立和歌山高校OBの近藤陽樹投手は、体幹トレーニングや走り込みでコントロールに安定感が増し、ストライク先行のカウントを作って相手打者を追い込んでいきます。
このチームをまとめるのは県立熊野高校OBの丸山椰尋主将。持ち前のキャプテンシーに加え、監督の考えをチームに浸透させ、「グラウンド上の監督」としてチームをけん引します。
今年創部100周年を迎えた和歌山大学。チーム節目の年に史上初の「国公立大学3勝」を狙います。
第73回全日本大学野球選手権大会は来月9日に開幕。和歌山大学は、日程が順調に進めば、来月11日に東京ドームで行われる1回戦で広島六大学野球連盟の広島経済大学と対戦します。

ニュース一覧
公式SNSアカウント