WTVニュースNews

6月定例県議会 一般質問初日

2024-06-19(水) 15:54

6月定例県議会は今日から一般質問が始まり、災害時の緊急輸送道路上にある橋梁の耐震化についてなどが取り上げられました。
県議会の一般質問、初日の今日は4人の議員が登壇し当局を質しました。このうち、自民党県議団の山下直也議員は、能登半島地震を踏まえた防災・減災対策として、災害時の緊急輸送道路上にある橋梁の耐震化や、危険なため池の改修対策の進捗状況について質問しました。岸本知事は、緊急輸送道路の橋梁の耐震化について、平成16年度から対策を進めているとした上で、昨年度末の時点で耐震化が必要な橋梁450ヵ所のうち、427ヵ所で耐震化が完了していると説明しました。一方、ため池の豪雨対策については、昨年度末の時点で、改修の必要性の高い農業用ため池233ヵ所のうち、135ヵ所で工事着手したという現状を報告しました。また、ソフト対策では、決壊による二次被害を軽減するため市町村と協力し、防災重点農業用ため池1900ヵ所のうち、1791ヵ所でハザードマップを作成したとして、「順次完了を目指し、緊急性の高い対策を着実に進めていきたい」と述べました。

ニュース一覧
公式SNSアカウント