2023.12.08

glafit株式会社代表取締役鳴海 禎造さん

和歌山の未来に向けて挑戦するリーダー

#33

<鳴海 禎造さん 経歴>
昭和55年 和歌山市に生まれる
      開智高校卒業後、関西外国語大学に進学
平成15年 大学卒業後、自動車販売店「RMガレージ」を起業
平成19年 自動車輸出業「FINE TRADING from JAPAN」を起業
平成24年 自社ブランド「glafit」を立ち上げる
平成29年 glafit株式会社 設立


今月のゲストは、和歌山市の電動二輪車を製造・販売しているglafit株式会社代表取締役 鳴海禎造さんです。
昭和55年、和歌山市に生まれた鳴海さんは、小学生から中学生までバスケットボールに没頭し、和歌山県選抜にも選ばれました。
高校入学後、15歳で始めた服の転売ビジネスをきっかけに商売に目覚めました。
高校卒業後は関西外国語大学に進学し、大学卒業後は、自動車販売店「RMガレージ」の経営など約25年間で国内外に5つの会社を設立し、平成29年、現在のglafit株式会社を設立しました。
番組では、代表取締役としての鳴海さんの「精神」そしてこれからの展望について、お話を伺います。

glafit株式会社設立までの道のり

昭和55年、和歌山市に生まれた鳴海さんは、小学生から中学生までバスケットボールに没頭しました。
高校入学後、15歳で始めた服の転売ビジネスをきっかけに商売に目覚めました。
大学進学後、パソコンに興味を持った鳴海さんは、より良いパーツを手に入れて良いパソコンを組み立てるというビジネスを経営し、年間100台以上販売していました。
そして大学卒業後は自動車販売店「RMガレージ」の経営など約25年間で国内外に5つの会社を設立し、平成29年、glafit株式会社を設立しました。
このコーナーでは、鳴海さんが経験してきた苦労や葛藤、glafit株式会社設立までの道のりを中心にお話を伺います。

glafit株式会社とは

glafit株式会社では、電動バイクをはじめ、カーパーツ、バイクパーツを製造しています。代表的な電動バイク「glafitバイクGFR-01」は、「人々の移動をもっと便利で、快適で、楽しいものにする」というコンセプトの下、ペダルを活用することでペダル走行とバイク走行のほか、「自転車×バイク」の両者を掛け合わせたハイブリッド走行が可能な次世代型の乗り物になっています。
このコーナーではglafit株式会社の事業内容を中心に伺います。

日本を代表する次世代の乗り物メーカーへ

自分の好きな自動車で、短期的な利益を追うのではなく、100年企業を目指せるような事業とは何なのか。とことん考え抜いた結果誕生したのが、glafitだという鳴海さん。
最後のコーナーでは、これからの100年において乗り物という分野の中で1つのスタンダードとなる物・サービスを提供し、それを世界中に届けていけるような企業を目指して経営したいという鳴海さんの想い、そして今後の展望を中心にお話を伺います。