2021.02.12

株式会社MANPA 株式会社観潮社長坂口 宗徳さん

#002

和歌山の未来に向けて挑戦するリーダー

株式会社MANPA 株式会社観潮社長坂口 宗徳さん

#002

<役職>
株式会社MANPA 代表取締役
株式会社観潮 代表取締役
株式会社倫 代表取締役
令和2~3年度 日本旅館協会関西支部連合会
IT・生産性向上委員会 委員長
和歌の浦観光協会 会長

<経歴>
昭和49年12月7日 和歌山市生まれ
立教大学文学部キリスト教学科 卒業
株式会社観潮に入社
平成18年 株式会社MANPA 代表取締役に就任
平成20年 株式会社観潮 代表取締役に就任

和歌浦湾を望む絶景ロケーションに位置する「和歌の浦温泉 萬波(まんぱ)」そして「漁火の宿 シーサイド観潮」
「未来わかやま 挑戦者」第二回のゲストは、この2件の旅館を経営する坂口宗徳さんです。
番組では2件の旅館の再建に取り組まれた苦労、そして、観光・和歌山の活性化に向けた今後の展望などについてお話を伺います。

旅館を科学する

結婚を機に実家を継ぐことになった坂口さんは、多額の負債を抱えていた老舗旅館に再建に取り組むことになりました。当初、本腰が入らない坂口さんの目を開かせてくれたのは友人からの一言でした。
実家の再建に取り組みはじめた矢先、同じ和歌浦の大旅館の経営を引き継ぐことに。当時の心境、そして従業員とともに取り組んだ、再建への取組み方についてお話を伺います。

知行合一(ちこうごういつ・ちぎょうごういつ)~二師三兄五友五弟

旅館経営で大切な4要素「風呂、部屋、料理、人」は、日々の追求を絶やせません。坂口さんは、知る事と行う事はどちらも必要であるという意味の「知行合一」を社是に掲げ、従業員の奮闘を期待しています。
また、坂口さんの好きな中国の古い諺は「二師三兄五友五弟」、この諺は、人生で必要なものは二人の師匠、三人の先輩、五人の友人と五人の後輩があることとし、幸福な一生とは、このような人達と関わり合って、それぞれの関係を作って行くことという意味だそうです。番組では旅館経営における重要事、そして坂口さんが影響を受けた人達、関わりについてお話を伺います。

旅館業の本質とは

昨年、コロナ禍で大きな影響を受けた県内の旅館業。しかし坂口さんは捨てられるものが判明したことが収穫だと考え、ふるさと和歌山・和歌浦の活性化に向けた施策を考えているそうです。活性化に向けた今後の展望とともに、坂口さんの考える旅館業の本質について伺います。

バックナンバー

前回の放送
2021.01.08 放送
株式会社タカショーデジテック社長古澤 良祐さん

#001

記事詳細
バックナンバー一覧
TOPへ戻る