ニュース

衆院選 期日前投票大幅増加
  • 2017-10-16(月) 15:15
今月10日に公示された衆議院議員選挙で期日前投票を行った人は、5日間で3万8000万人余りと前回のおよそ1.5倍になっていることが県選挙管理委員会のまとめでわかりました。
衆議院議員選挙の期日前投票は公示翌日の今月11日から和歌山商工会議所をはじめ県内58ヵ所で行われています。
県選挙管理委員会によりますと、11日から昨日までの5日間で期日前投票を行った人は、県全体で3万8611人でした。
前回、平成26年12月の衆議院議員選挙の同じ時期と比べて1万4403人、率にして59%上回りました。
特に、和歌山市が1万3457人と前回5993人の2倍以上に増えています。
一方で、昨日告示された市長選挙と同じ日に投票が行われる新宮市は454人で前回の1456人から大きく減少しているほか、由良町が283人で前回から1人減少、この2つの自治体が前回を下回りました。
期日前投票は投票日前日の21日まで行えます。
なお、前回の衆議院議員選挙の県全体の投票率は51・05%でした。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る