ニュース

改築が終了した更生保護施設を公開
  • 2018-04-11(水) 17:43
和歌山市にある更生保護施設の改築工事が終了し、今日、施設が公開されました。
和歌山市黒田にある更生保護施設「端正会」は刑務所を出た人や少年院を出た少年などの自立を支援する県内唯一の施設で、昭和5年に現在の場所に移転しました。今回、施設の老朽化により総額3憶2300万円余りをかけて改築工事が行われました。今回の改築により事務所や入所者の生活スペースとなる建物は1階と2階合わせておよそ800平方メートルとこれまでより300平方メートル程広くなり、入所者の出入り口や食事スペースが男性と女性で別に設けられました。
また、交流スペースに設けられたベンチは、座席部分を取り外すことでかまどとして使えるほか、敷地内に近隣の自治会と共同で使用できる災害用の機材物置が設けられるなど、災害に対応した施設になっています。さらに、屋上には、最大でおよそ150人が収容できる一時避難場所が設けられています。
なお、入所者の受け入れは来月中旬から始まる予定です。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る