ニュース

幼稚園児にライフジャケット贈呈
  • 2018-04-13(金) 17:33
大津波から子どもを守ろうとライオンズクラブが県内の幼稚園などにライフジャケットを贈り、今日、有田市の幼稚園で贈呈式が行われました。
有田市箕島のぶっとく幼稚園で行われた贈呈式には、ライフジャケットを贈るライオンズクラブ国際協会335―B地区ガバナーの柿原勝彦さんが、ぶっとく幼稚園の菅田良仁園長に県内20ヵ所の幼稚園や保育所などに贈るライフジャケット1864着分の目録が手渡されました。
大阪府や和歌山県を束ねるライオンズクラブ国際協会335B地区では津波の被害から子どもの命を守ることを重要課題としていて、平成27年度から県内の幼稚園や保育所、認定こども園などにライフジャケットを贈っています。
今日は、ぶっとく幼稚園の4歳児と5歳児90人が出席し、さっそくライフジャケットを試着しました。
ぶっとく幼稚園の菅田園長は「命をいただいたといった感覚です」と話していました。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る