ニュース

白良浜で防砂ネット張り
  • 2019-11-19(火) 15:58
真っ白な砂浜が広がる白浜町の白良浜で今日、冬の季節風から砂を守るネット張りの作業が行われました。
白良浜の砂は真っ白で細かいのが特徴ですが、冬場は北西の風が強くなり砂が吹き飛ばされるため、白浜町が昭和57年から浜にネットを張り砂の保護に努めています。
砂浜では町の職員らが2メートル間隔に杭をうち、長さおよそ20メートルから30メートルのネットを張っていきました。
今日の白良浜は昨夜からの雨もあがり好天に恵まれ、職員らはネットが強風で飛ばないよう紐でしっかりと縛りおよそ620メートルの砂浜に20張りが設置されました。
白良浜は海水浴シーズンには、京阪神を中心に全国各地からおよそ50万人が訪れますが、夏とはひとあじ違う装いに観光客は冬の訪れを感じているようでした。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る