WTVニュースNews

木材利用推進キャラバン活動

2021-10-13(水) 16:26

10月は国が定める「木材利用促進月間」です。田辺市などで今日、県産木材「紀州材」のPRと利用促進を呼びかけるキャラバン活動が行われました。
今日、県内の木材協同組合や森林組合などで作る県木材利用推進協議会のメンバーらが田辺市役所を訪れ、真砂充敏市長に紀州材の利用を呼びかける要望書を手渡しました。この活動は、自治体が公共施設などを建設する際、県内で生産、加工された木材「紀州材」を、資材として積極的に活用してもらおうというもので、協議会と県が共同で働きかけを行っています。田辺市では、JR紀伊田辺駅前の市街地活性化施設「tanabe en+」などで紀州材を使用しているほか、現在建設工事中の市役所新庁舎でも紀州材が使われる予定です。活動は県の振興局単位で行い、今日は田辺市のほか、上富田町と白浜町、すさみ町に要望書が提出されていて、県では自治体の公共施設だけでなく、広く一般への紀州材の利用促進に力を入れています。

公式SNSアカウント