ニュース

和大システム工学部の卒業研究発表
  • 2017-02-28(火) 11:41
この春、和歌山大学システム工学部を卒業する学生の研究発表会が、今日、和歌山市の和歌山ビッグ愛で開かれました。
この発表会は、和歌山大学システム工学部の精密物質学科が、学生の研究成果を地元企業や高校生に知ってもらおうと、毎年この時期に開いています。
開会にあたり、システム工学部精密物質学科の篠塚雄三学科長が「卒業研究は皆さんが4年間勉強してきた集大成です」と挨拶しました。
つづいて、精密物質学科の4年生64人が、「QTAIM2元関数解析におけるコンプライアンス法を適用した摂動構造の検証」や「ミストCVD法による酸化ガリウム薄膜の成長とショットキーバリアダイオードの作製と評価」といったそれぞれの研究を3分間で説明しました。
また展示ホールでは、精密物質学科の学生に加え大学院生や和歌山工業高等専門学校専攻科2年生の研究成果がポスターで紹介されていました。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る