• HOME
  • みんなでコロナを乗り切ろう!
いつもと違う生活がいつまで続くかわからないという不安、感染者が増えていく恐れ、新型コロナウイルスの収束がいつになるのか見えないまま歩き続けるという状況の中、それぞれの分野で様々な問題と向き合いながら、みんなが日々踏ん張っています。
一人一人が感染防止を徹底的に心がけ、知恵を出して前向きに、日々を過ごしていきましょう。当たり前のことが当たり前に行える日が1日でも早く訪れるように、みんなで一致団結してこの国難を乗り切りましょう。

ニュースNEWS

  • 2021-04-16(金) 21:21
紀の川市内の女性が、架空の団体の職員を名乗る男らから不安を煽る電話を受けたことをきっかけに、現金500万円余りを騙し取られていたことが判りました。警察が架空料金請求の特殊詐欺事件として調べています。現金を騙し取られたのは、紀の川市に住む70歳代の女性で、岩出警察署の調べによりますと、先月初旬、女性宅に架空の県全国防犯協会の職員を名乗る男から、「あなたの名前が会員登録されている」などと電話がありました。会員番号を伝えられた上、「権利譲渡しなければ登録を抹消できない」と言われたため、女性は権利を譲ると答えると、権利が譲渡されたとする別の男から電話があり、女性は男の求めに応じて会員番号を伝えました。その後女性は、さらに別の男からの電話で、「会員番号を他人に教えると警察に捕まる。500万円を支払うことで捕まらなくなる」と言われ、先月19日、男の指定する岩出警察署管内の場所で、関係者とする男に500万円を手渡したということです。しかし、その後女性にさらに現金を要求する電話があったことから、不審に思った女性が警察に相談し、被害を届け出たもので、警察が架空料金請求の特殊詐欺事件として調べています。警察では、こうした不審な電話やメールがあった場合は、専用のダイヤル、0120―508―878に相談するよう呼びかけています。

最新ニュース一覧