• HOME
  • 県内ニュース一覧

ニュース

  • 2014-07-23(水) 19:44
およそ15年前、新宮市内の路上で、同じ山口組系暴力団に所属していた当時56歳の男性幹部を拳銃で撃って殺害したとして、殺人の疑いで、警察庁指定の重要指名手配容疑者となっていた上田英昭容疑者が、今日、愛知県内のパチンコ店で見つかり、逮捕されました。逮捕されたのは、住所不詳の元暴力団幹部、上田英昭容疑者、53歳です。県警の調べによりますと、上田容疑者は、平成11年9月、仲間2人と共謀し、新宮市内の路上で、同じ山口組系暴力団に所属していた当時56歳の男性幹部を拳銃で撃って殺害したとして殺人の疑いが持たれています。上田容疑者は、平成11年10月に全国に指名手配されたあと、平成13年11月、警察庁指定の重要指名手配容疑者となっていました。今日午前11時半ごろ、一般市民から愛知県警碧南警察署に「似た男をパチンコ店で見かけた」と通報があり、駆けつけた碧南警察署の捜査員が、高浜市内のパチンコ店にいる上田容疑者を見つけました。調べに対し、上田容疑者は「間違いない」と容疑を認めているということで、県警では、逃走していたおよそ15年間の足取りなど、詳しい調べを進めています。逮捕を受け、県警察本部では、指名手配ポスターに「逮捕」「ご協力ありがとうございました」と書かれたシールを貼りました。県警組織犯罪対策課では、「これまでの市民の協力に感謝します。早急な真相の解明に努めたい」とコメントしています。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る